交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

自動車を運転する時に守りたいこととは


自動車を運転する時に守ることと言えば交通ルールで、これは当たり前のことですが、より安全な移動を心がけるためには、ただルールを守るだけでは不十分です。何の世界でも同じですが、法律に違反していないからと言って、人に迷惑をかけていないと限りませんし、安全であるとも限りません。
例えば、自動車の場合には、停止線で一時停止する必要がありますが、止まらないのは論外ですが、止まるとしてもスピードを落とさず直前で止まったりしては、歩行者がビックリしてしまいます。
歩行者は停止線を一つの安全ラインとして捉えて歩行しているものですが、車のスピードが出ていると、きちんと止まらないのではないかと不安になってしまうものです。
ちなみに、言うまでもありませんが、止まるのは停止線上で歩行者の直前ではありません。ドライバーの中には、停止線の存在を完全に忘れているような人がいますが、停止線へ意識を向けておくことで、歩行者との距離に余裕を持って停止することができますから、事故防止につながります。
また、それだけでなく、停止線できちんと止まっておけば、前方から大型の車が進行してきた時に無理なく通行することができます。
このように、停止線にはきちんとした役割、意味があるため、自分勝手な行動は慎むべきです。


コメントを受け付けておりません。