交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

バルブの種類と役割とは?


バルブというのは、一般には液体や気体が通る配管の途中にあって、その流れの向きや量などを制御している部品のことをいいます。
クルマの世界でも当然ながらバルブは用いられていますが、主にエンジンのなかの主要な部品のいくつかをそのように扱っています。
クルマのエンジンといえば、4サイクルエンジン、または4ストロークエンジンと呼ばれるものが主流となっていますが、このエンジンは4つの過程を延々とくりかえしてクルマを走行させているために、そのような名称があるのです。
まず、空気をシリンダーのなかに吸い込んで、燃料をあわせて吹き付けて混ぜあわせた気体をつくるという「吸入」の過程があります。
次に、ピストンの動きによってシリンダーのなかにある空気と燃料が混ざった気体を圧縮する「圧縮」という過程があります。
さらに点火プラグでその気体に着火して爆発される「燃焼」、爆発したあとの排ガスを出す「排気」という過程が続きます。
そのため、クルマのエンジンには、「吸気」のときにはたらいて、空気や燃料をシリンダーのなかに適切に閉じ込める役割を果たす「吸気バルブ」と、「排気」のときにはたらいて、排ガスをシリンダーから出す「排気バルブ」といった種類があるのです。


コメントを受け付けておりません。