交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

トラブル|スタンディングウェーブ現象


スタンディングウェーブ現象とはタイヤが変形して波打つことで、高速走行する時に起こりやすいです。タイヤには常に重量分の負荷がかかっており、少し潰れていますが、高速走行によって潰れた部分か後方に広がると、元の形状に戻ろうとしてグニャグニャになります。タイヤの接地面には影響がほとんどないので、運転手が気づかないケースが多いです。スタンディングウェーブ現象は放置すると、タイヤが熱を持ちやすくなります。全体が波打ったタイヤの状態で走れば、タイヤを揉み続けることと同じなので、タイヤが加熱されるためです。よってバーストの危険性を高め、バーストしなくてもはく離を起こすので対策が必要です。スタンディングウェーブ現象を予防するためには、タイヤの空気を常に管理することが重要です。特に高速道路を走る時は、空気圧を規定値よりも少し高めに入れるなどチェックします。このトラブルがトラックに多いのは、過積載をするためです。過積載は禁止されているので、トラックの運転手は荷主に頼まれても断るようにします。さらにスピードの出しすぎに注意します。走行中にスタンディングウェーブ現象の発生に気づいたら、速度を落として空気圧をチェックします。


コメントを受け付けておりません。