交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

停車時のエンジンの操作について


自動車を停車している時にエンジンがかかっている状態をアイドリングと呼びますが、エンジンがかかっているわけですから、走行していなくてもガソリンを消費していきます。長時間のアイドリングを繰り返すことは、燃費の低下につながります。エンジンの始動時にもガソリンを消費しますが、その量は5秒間のアイドリングと同程度と言われています。信号待ちなどの停車時にはアイドリングをしないほうが燃費向上につながりますので、最近の車種にはアイドリングストップ機能が搭載されているものが多くなっています。自動車の性能として燃費向上を図っているわけですが、他にも少し運転方法に気をつけるだけで燃費向上が期待出来ます。一番注意したいのは発進時です。急発進、急ブレーキ操作をしないのは当然ですが、ブレーキを解除してからアクセルをゆっくりと踏んでいくようにしましょう。オートマチック車でしたらブレーキを解除すると自然に動き出しますので、そのまま走行して一呼吸おいてからアクセルを踏むようにします。アクセルを踏む目安としては、踏み込んでから5秒後に走行速度が20キロ程度になるくらいが理想です。前に停車していた車がどんどん進むと付いて行きたくなりますが、我慢してゆっくりと発進しましょう。


コメントを受け付けておりません。