交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

証拠の保管の仕方


交通事故として自動車などが衝突してしまうことがあります。一般的には警察を呼んで現場検証が実施されることになり、その後に事故証明書が発行されることが一般的です。その後の対応に関しては、それぞれの当事者が加入をしている保険会社に対応を任せることが基本になりますが、事故の内容次第、または相手側次第ではトラブルに発展してしまうこともあり、珍しいことではありません。この不具合を解決する方法として、本人が自ら証拠などを集めて保管を行うことが良い方法です。例えば物損事故の場合では、衝突してしまい破損している車体の場所、周辺に飛散してしまっているパーツ類の状態、車内であっても破損状況などが出てきます。人身事故が絡んでいる場合でも、怪我をしている部位などがあり、それぞれを写真撮影を行って、データとして証拠を保管しておくことも一つの方法です。また、近年ではドライブレコーダーなども普及していますが、装着している方であれば、その映像を保管することも効果的になり、同時に目撃者などが存在している場合では、その証言と共に、目撃者の住所や氏名などを聞き出しておくことも良い方法です。証拠集めはトラブル回避のためにも重要な役割を持っており、裁判に発展するような場面でも役立つことになります。


コメントを受け付けておりません。