交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

サスペンションの種類と形式について知ろう


走行するのに重要なのはタイヤだと思ってる方が多いと思います。それは決して間違いではありません。ではそのタイヤはどのように動いているのでしょうか。このタイヤを動かし、タイヤとボディを支えているのものがサスペンションです。
サスペンションとは、懸架装置です。ボディの揺れ、ハンドリングや乗り心地、騒音などにも影響します。
種類は主に2種類あります。
車軸式は左右のタイヤがまっすぐ繋がったいる、シンプルな構造です。シンプルな為、耐久性に優れています。
独立式は左右のタイヤが個々に独立して動く為、路面に追従しやすく、乗り心地や操縦安定性に優れています。
次はサスペンションの形式についてです。
ストラット式(マクファーソンストラット)
フロント部分で採用されるサスペンション形式。タイヤはロアアームとダンパー、スプリングで支持しています。そしてサスペンション自体がアッパーアームを兼ねているので、すくない部品で優れた性能を発揮するのが特徴です。
ダブルウィッシュボーン式
基本上下2本のアームでタイヤの動きを制御します。2本のアームがあるので、2点の支点があることによって、静的動的アライメントの自由度が高く、レバー比をとることもできるので、セッティングによって乗り心地も向上します。
マルチリンク式
駆動方式により、前後輪、または後輪に用いられます。様々なコントロールアームがつけられているのが特徴です。
トーションビーム
主に前輪駆動の後輪に採用されるものです。左右輪をトーションビームで繋ぐ方式です。これ自体がスタビライザーを兼ねているので、コストパフォーマンスに優れています。


コメントを受け付けておりません。