交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

累積点数を減らす方法


交通違反によって加点される点数は基本的には累積されたままになりますが、所定の条件を満たせばその時点で累積された点数を減点させることができます。
累積点数が減るケースとしてまず挙げられるのは、累積点数が行政処分の基準となる点数に達しておらず、なおかつ最後に交通違反をおかして加点されてから1年の間に交通事故を起こしたり、交通違反をおかさなかった場合です。この場合、以後新たに交通違反をおかしても、その違反の点数はそれ以前の違反の累積点数と合算されることはありません。つまり、累積点数が0点になった状態で新たに点数が累積されていくことになります。また、過去2年間に事故や違反が無い人が違反点数1~3点の交通違反をおかした場合は、以後3ヶ月の間に違反行為が無ければ、その交通違反の違反点数は計算から除外されます。
この他に挙げられるケースは、行政処分歴の無い人が軽微な交通違反を繰り返して累積点数が6点に達した場合です。本来であればこのケースは30日間の免許停止処分の対象になりますが、違反者講習の受講条件を満たしていれば、受講することで行政処分が課されず、累積点数の6点は以後の交通違反に対して合算されなくなります。つまり、それまで累積された6点分はクリアされることになります。


コメントを受け付けておりません。