交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

累積点数とは


車を運転していて道路交通法に違反した場合、反則金の支払い及び点数を与える行政処分が科せられます(一部の違反は反則金のみあるいは点数のみ)。更に、重大な違反については罰金等の刑事罰が加えられます。

さて、この「点数」の制度ですが、免許を持っている方なら取得時もしくは更新時に教本と共に講習を受け理解しているはずですが、我が身のことになるまであまり関心を持っていない方が大半ではないかと思います。
日本の免許制度では、一度免許を取ると、更新手続きさえ忘れなければ永久に持ち続けることが可能です。但し、交通違反による点数の累積がある一定以上を超えなければ…です。一定以上を超えれば、自動的に免許の停止や取り消しとなります。

この累積点数は、過去3年間の点数を単純に累積したものです。但し、過去1年間交通違反がなかった場合はそれより前の違反点数は累積されません。また、過去2年以上交通違反がなかった人が3点以下の軽微な違反をした後3ケ月以内に違反がなかった場合も累積されません。免許停止、取り消し後の欠格期間中に無違反だった場合や違反者講習を受けた場合もその前の点数は累積されません(つまり罰則を受けた場合、その罰則前の点数は累積されないってことですね)。

交通違反をしないようにするのは当然のことですが、万一違反してしまった場合は、上記に留意して免許の取り消し等大きな罰則につながらないよう心がけましょう。


コメントを受け付けておりません。