交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

残り溝・傷・偏摩耗のチェックポイント


自動車のタイヤは、適正な使い方をする事で初めて機能が発揮できる部品で、残り溝や傷・偏摩耗などの日常的な点検が必要です。
残り溝のチェックは、スリップサインを確認し、周囲の溝と同じ高さになっていたらタイヤの使用限界となります。
スリップサインは、タイヤ側面に三角マークがあり、その延長上の路面に接する面の溝にあり、溝の深さが1.6mm以下の場合は法令違反となりますので注意が必要です。
また、浅い溝のタイヤは、排水機能の低下やブレーキ機能の低下、グリップ力の低下などの現象が起こり、摩耗しすぎるとパンクに至る事があります。
スタッドレスタイヤの場合は、残り溝の深さが新品時の50%以下になると、性能が低下します。
タイヤの残り溝がどれくらいあるか確認する方法は、タイヤデプスゲージ などで測定すると正確な値が分かります。
傷や偏摩耗チェックは、タイヤ全体を見て目視で異常の有無を確認し、同時に経年劣化によるゴム割れや、溝に石など挟み込んでいないかなどのチェックを行います。
タイヤに傷や偏摩耗があると、高負荷がかかった時に異常のある部分からパンクやバーストなどのトラブルの原因となり、傷はタイヤ内部層に及んでいるものは、進行が早くなりますので注意が必要です。


コメントを受け付けておりません。