交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

見逃さないで!走行中・駐車時の違和感


車は非常に多くの部品から構成されいます。そのうちのどれかひとつにでも異変が生じると、安全に走行させることに支障が発生します。ですから、走行中や駐車時に違和感をとらえた場合には、速やかに修理に出すことが必要です。走行中や駐車時に抱く違和感としては、まず音が挙げられます。たとえば走行中にやたらと大きな音がする場合は、タイヤやエンジン系統に問題が生じている可能性が考えられます。特にタイヤのパンクは、そのまま走り続けると大変危険です。耳慣れない音を聞いた場合は、一度停めてタイヤの状態に異変がないかどうか確認してください。知らない内に、何かを巻き込んでしまっていたと言う場合もあります。また狭い場所に駐車する際には、盛んにハンドルを切る必要があります。その際、ハンドルを切るたびに音がすると言う場合も、パワーステアリングまわりの異変が考えられますから、早めに点検をしてもらった方が安心です。それから臭いも、走行中や駐車の際に抱きやすい異変のひとつです。明らかに異臭がしてきたと言う場合、可能であれば速やかに走行を中断するのが賢明です。たとえばガソリン臭の場合は、ガソリンタンクや燃料パイプの損傷などが可能性としては考えられます。何かが焼け焦げたような臭いの場合は、タイヤの空気圧の異常やエンジンから駆動力を伝えるゴムの焼けが考えられます。その他、ツンと鼻をつくような臭い、排気ガスの臭いなどがありますが、いずれの場合も部品の故障が考えられ、そのままの走行は大変危険です。


コメントを受け付けておりません。