交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

リーフスプリングとは


リーフスプリングとは、サスペンションを構成するパーツの1つとなっており、構造としては長さの異なる細長い板状の鋼を複数重ね合わせることによって地面からの振動や衝撃を和らげる働きを持っています。
リーフスプリングによるサスペンションは、構造的にもシンプルなものであるために古くから用いられており、主にリジッドアクスルサスペンションと呼ばれる、車軸が懸架式の方法で使用されています。特徴としては、使用されている部品が少なく、非常に丈夫であることをあげることができ、そのために、トラックやバスを始めとして多くの乗り物で採用されており、以前は小型ジープなどにおいても利用されていました。また、その構造から低コストで作ることができることがメリットとしてあり、他に、必要とするスペースが少なくて済むために、室内スペースを広く取ることもできるようになっています。
反面、鋼を重ねて作られている構造のために振れ幅となるストロークが小さいことがあり、現在、広く利用されているコイルスプリングと比べた場合には乗り心地が悪いというデメリットがあります。また、操作性の面でも劣ることになり、ここではバネ下荷重が重くなることで操縦安定性が悪くなることをあげることができます。


コメントを受け付けておりません。