交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

空気圧のチェックポイント


自動車のタイヤは、重量を支えながら駆動力や制動能力を路面に伝え、操縦性能や安定性能を維持しながら路面の衝撃などを緩和する役割を果たしています。
タイヤの性能を発揮するには、空気圧のチェックがあり、不足している場合は、タイヤ各部の動きが大きくなるので異常発熱あり、剥離やコード切れ、タイヤ両肩部の異常摩耗などの現象が起こり、多い場合タイヤは異常な緊張状態になり、緩衝能力が低下して衝撃傷や切り傷を受けやすくなり、タイヤ中央部の異常摩耗が発生します。
これらの現象が起こると事故の原因になったりすので、常日頃からの点検が必要になります。
点検方法は、走行後のタイヤの状態は発熱して空気圧が高くなる傾向にあるので、タイヤが冷えている状態の時にメーカー指定の空気圧に調整するようにし、メーカー指定の空気圧の確認方法は、運転席のドア開口部付近にラベルなどで貼り付けてありますので事前に確認しておきます。
次に、タイヤのバルブのキャップを外すと空気の注入口があるので、エアーゲージを押し当てると空気圧が確認できます。
空気が不足している場合は補充し、多い場合は空気を抜くのですが、コンプレッサーを持っていない場合は、ガソリンスタンドやカー用品店などにあります。


コメントを受け付けておりません。