交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

子供・高齢者を事故から守るという意識を持とう


交通事故による被害で怪我をしたり、ひどいときには命を落とすといった事件は後を絶ちません。特に、子供や高齢者は被害になりやすいといえます。そのため、幼い子供を持つ家庭は、子供が無事に学校からちゃんと帰ってくるか不安を覚えるものです。では、自分の幼い子供や高齢の親を守るためにはどうすればいいでしょうか。それは、家できちんと予測しそうなことについて話しておき、そして回避する方法を伝えておくことです。例えば、わが子には通学路のどの道が一番安全かを話しておきましょう。そして、子供と一緒にその道を歩いてみましょう。道路を横断するときには必ず信号機を守ること、また信号機が青になっても必ず右左の確認をすることをおしえましょう。そして歩道がある場合には必ず歩道を歩くことも教えましょう。もちろん、これは高齢の親に対しても同じことを伝えることができるでしょう。また、高齢者は走ることができませんから、信号機が黄色になったときには渡らないようにも伝えましょう。踏切を渡る場合も同様です。遮断機の音が聞こえたなら絶対に踏切を渡らないようにもしっかりと伝えておきましょう。こうしたことを未然に伝えておくのは大切でしょう。


コメントを受け付けておりません。