交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

必須です!応急タイヤ


タイヤそのものの品質や道路環境の進歩によって、タイヤがパンクすることは少なくはなってきています。しかしそれでも、たとえば縁石の角にタイヤをぶつけてしまいパンクしてしまったと言うようなケースは割と多くあるケースです。タイヤがパンクしてしまった際には、非常に焦ります。しかし、自動車にはこうした事態に備えた予備のタイヤ、いわゆる応急タイヤが搭載されています。ただし中古の場合で、前の利用者が応急タイヤを使用していた場合には、搭載されていないこともあります。ですから、その応急タイヤとパンクしたタイヤを交換することで、当座をしのぐことはできます。パンク交換を自分でできる方は安全を確保したうえで行い、自分で行うのが無理と言う方は、ロードサービスや近場のガソリンスタンドやカーショップに頼んでみると良いです。応急タイヤの中には、普通のタイヤと変わらない、一定の距離を一定の速度で走ることができるランフラットタイヤが搭載されていることもあります。しかしこれを除いたほとんどの応急タイヤは、通常のタイヤよりもタイヤ幅が小さく接地面積の狭いテンパータイヤと呼ばれるものです。これは、あくまでも応急用のために開発されたタイヤであり、普通のタイヤのように使用することは想定されていません。ですから、このタイヤに交換した後は速やかに、通常のタイヤに履き替えることが求められます。


コメントを受け付けておりません。