交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

ハロゲンバルブとは


ハロゲンバルブとは、自動車のヘッドライトやフォグランプ等で利用される電球で、その光る原理については一般の白熱電球と同じ仕組みとなります。電球内部には、不活性ガスとハロゲンガスを封入しているため、通常の白熱電球より明るい光を発します。

フィラメントが白熱する時の温度は白熱電球より高く、しかも温度が高くなっても長寿命を実現することが出来る特徴を持っています。そのため、明るい輝きと長寿命が実現できるメリットもカー用品として採用される理由にもなっています。

輝く原理としては白熱電球と同じですが、フィラメントのタングステンという物質がハロゲンガスと化学反応を起こしハロゲンサイクルが形成されるため、フィラメントの寿命を長くすることに繋がっています。一般の白熱電球では、フィラメントのタングステンが昇華され電球内部を黒化させてしまいます。

しかしハロゲンバルブでは白熱電球よりも50%の明るさを実現した上で、フィラメントのタングステンがハロゲンサイクルで昇華されることもないため、電球内部を黒化させることもありません。ハロゲンバルブには用途に応じて片口金形、ミラー付、両口金形などの種類があり、色もライジングイエロー、ハイパーホワイト、アクアホワイトなどの沢山の色の種類も存在します。

 

 


コメントを受け付けておりません。