交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

エアーサスペンションとは


エアーサスペンションは圧縮空気の弾力性を利用した空気バネを利用した装置です。荷重がかかっていない時は柔らかく、荷重がかかり過ぎても強い反発力を得る事が出来ます。通常のサスペンションでは吸収しきれない細かなギャップ
を拾う事も出来ます。内容積や空気圧を調整して強さを調整出来、空気の量で車高などを変える事も可能となっています。
このエアーサスペンションは一部の高級セダンや高級SUVなどを除いては主にバスやトラックに広く採用されています。特に乗り心地を重視する観光バスや高速バスでは以前より標準装備されています。路線バスでもバリアフリー化に合わせて低床タイプのノンステップバスを中心に採用されています。エアーサスペンションの特性を生かして空気の量を調整する事で乗降の際に片側だけを下げ乗り降りをしやすくする、段差などを超える際は逆に上げて接地を防ぐなどの使い方がされています。トラックでは通常のサスペンションと比べて走行中の荷物の損傷を抑える働きがある他、荷物の積み下ろしの際に後部のエアーを抜く事で荷台をスロープ状にして作業出来るという利点があります。
しかしエアーサスペンションはコストがかかる為このような一部の業務用でしかあまり正式採用されていません。


ショックアブソーバーとは


ショックアブソーバーはサスペンションを構築するパーツの1つとなっており、車の乗り心地や操縦安定感に関係する重要な役割を果たすものとなっています。仕組みとしては封入されたオイルの流動抵抗を利用したものとなっており、こここで発生する減衰力が大きな働きをすることになります。
役割としては、大きく2つがあり、1つには走行中に拾う路面の凸凹をスプリングの力で吸収をすることがあります。路面が凹んでいる場合にはタイやを下げ、また、出っ張っていいるような場合にはタイやを引っ込めることでボディへの路面の悪さを伝えないようにしています。タイヤがボディに直付けの場合などでは乗り心地は非常に悪いものとなり、また、スプリングだけの場合などでは振動を受けた場合にいつまでも揺れ続けることになってしまいますが、ショックアブソーバーがあることによって、これらの状態になることを防ぐことができるようになっています。
2つ目としては走行に関しての内容があります。走行ではブレーキをかけた場合には前のめりになり、カーブなどのコーナリングでは外側に傾くことになりますが、ショックアブソーバーがあることによって一気に行かないようにすることができるようになっており、また、傾いた場合でも一気に戻らないようにする働きを持っています。


コイルスプリングとは


ばね鋼やばね用銅線をコイル状に巻いたばねをコイルスプリングと呼び、サスペンション用のものはコイル状の圧縮ばねを利用しています。
ばね定数や応力がばねを作るときに利用した線の太さや巻いた時の径や巻いた数だけで決まるので、設計や調節が簡単なものになります。
このコイルスプリングですが、サスペンションに使用されています。
サスペンションは道路を走ったり曲がったりするときに、地面からの衝撃を和らげ走行中の乗り心地をよくしています。
またサスペンションを交換することで乗り心地を変化させたり、高さを低くするなどのドレスアップ効果があります。
サスペンションの構造ですがコイルスプリングとダンパーから構成されており、コイルスプリングで吸収した衝撃をダンパーにより緩やかに逃がすことにより振動などを抑えています。
このサスペンションですが各タイヤの部分についており、これにより安心して運転をすることができます。
サスペンションのコイルスプリングを交換することにより、反発力なども変化しそれにより高さを低くしたりなどのドレスアップを調整します。
このように車の重要な部分を構成しているサスペンションには、コイル状の圧縮ばねを利用しています。


リーフスプリングとは


リーフスプリングとは、サスペンションを構成するパーツの1つとなっており、構造としては長さの異なる細長い板状の鋼を複数重ね合わせることによって地面からの振動や衝撃を和らげる働きを持っています。
リーフスプリングによるサスペンションは、構造的にもシンプルなものであるために古くから用いられており、主にリジッドアクスルサスペンションと呼ばれる、車軸が懸架式の方法で使用されています。特徴としては、使用されている部品が少なく、非常に丈夫であることをあげることができ、そのために、トラックやバスを始めとして多くの乗り物で採用されており、以前は小型ジープなどにおいても利用されていました。また、その構造から低コストで作ることができることがメリットとしてあり、他に、必要とするスペースが少なくて済むために、室内スペースを広く取ることもできるようになっています。
反面、鋼を重ねて作られている構造のために振れ幅となるストロークが小さいことがあり、現在、広く利用されているコイルスプリングと比べた場合には乗り心地が悪いというデメリットがあります。また、操作性の面でも劣ることになり、ここではバネ下荷重が重くなることで操縦安定性が悪くなることをあげることができます。


サスペンションの種類と形式について知ろう


走行するのに重要なのはタイヤだと思ってる方が多いと思います。それは決して間違いではありません。ではそのタイヤはどのように動いているのでしょうか。このタイヤを動かし、タイヤとボディを支えているのものがサスペンションです。
サスペンションとは、懸架装置です。ボディの揺れ、ハンドリングや乗り心地、騒音などにも影響します。
種類は主に2種類あります。
車軸式は左右のタイヤがまっすぐ繋がったいる、シンプルな構造です。シンプルな為、耐久性に優れています。
独立式は左右のタイヤが個々に独立して動く為、路面に追従しやすく、乗り心地や操縦安定性に優れています。
次はサスペンションの形式についてです。
ストラット式(マクファーソンストラット)
フロント部分で採用されるサスペンション形式。タイヤはロアアームとダンパー、スプリングで支持しています。そしてサスペンション自体がアッパーアームを兼ねているので、すくない部品で優れた性能を発揮するのが特徴です。
ダブルウィッシュボーン式
基本上下2本のアームでタイヤの動きを制御します。2本のアームがあるので、2点の支点があることによって、静的動的アライメントの自由度が高く、レバー比をとることもできるので、セッティングによって乗り心地も向上します。
マルチリンク式
駆動方式により、前後輪、または後輪に用いられます。様々なコントロールアームがつけられているのが特徴です。
トーションビーム
主に前輪駆動の後輪に採用されるものです。左右輪をトーションビームで繋ぐ方式です。これ自体がスタビライザーを兼ねているので、コストパフォーマンスに優れています。


LEDバルブとは


車のヘッドライトの電球、バルブには現在のところ3種類あります。一つは電球と同じようにフィラメントで光るハロゲンバルブ、もう一つはバルブ内のガスを発光させて光るHIDバルブ、そして懐中電灯や家庭、店舗などの照明で最近脚光を浴びているLEDバルブです。
LEDバルブの一つの特徴は長寿命なところです。物によって差はありますが、寿命はおよそ20000時間と言われています。また、低消費電力で発熱も少なく、それでいて明るさはハロゲンバルブよりも明るく広範囲を照射します。

明るさだけならHIDバルブには劣りますが、HIDバルブは専用の取付キットを使わないと取り付けることが出来ません。このキットが高価である上に、普通の人には難しい作業なので、どうしてもカー用品専門店などで取り付けてもらわなければなりませんが、その取り付け工賃もかなり高額になります。LEDバルブは特別なキットなどは必要ないので、ハロゲンバルブと交換する感覚で交換できます。どうしても難しいと思ったらカー用品専門店などで交換してもらう事もできますし、工賃もHIDの取り付けに比べるとかなり安くなります。
良いことばかりのように思えるLEDバルブですが、最大のネックはバルブ自体が高価なことです。ただHIDキットと工賃を合わせた分よりは安いので手軽にヘッドライトを明るくしたい時には良い選択肢かもしれません。


ハロゲンバルブとは


ハロゲンバルブとは、自動車のヘッドライトやフォグランプ等で利用される電球で、その光る原理については一般の白熱電球と同じ仕組みとなります。電球内部には、不活性ガスとハロゲンガスを封入しているため、通常の白熱電球より明るい光を発します。

フィラメントが白熱する時の温度は白熱電球より高く、しかも温度が高くなっても長寿命を実現することが出来る特徴を持っています。そのため、明るい輝きと長寿命が実現できるメリットもカー用品として採用される理由にもなっています。

輝く原理としては白熱電球と同じですが、フィラメントのタングステンという物質がハロゲンガスと化学反応を起こしハロゲンサイクルが形成されるため、フィラメントの寿命を長くすることに繋がっています。一般の白熱電球では、フィラメントのタングステンが昇華され電球内部を黒化させてしまいます。

しかしハロゲンバルブでは白熱電球よりも50%の明るさを実現した上で、フィラメントのタングステンがハロゲンサイクルで昇華されることもないため、電球内部を黒化させることもありません。ハロゲンバルブには用途に応じて片口金形、ミラー付、両口金形などの種類があり、色もライジングイエロー、ハイパーホワイト、アクアホワイトなどの沢山の色の種類も存在します。

 

 


HIDバルブとは


HIDとはHigh Intensity Discharge の略で日本語で言うなら高輝度放電装置の事です。HIDは普通の電球のようにフィラメントという発光体に電圧を加えて発行させるのではなく、バルブ内に収められたガスに高電圧を加えて発行させるランプです。原理としては蛍光灯に近いものです。HIDランプは一般のバルブに比べて、非常に明るく、発熱量も低く、商品電力も小さく、圧倒的に長寿命なランプなので、カーマニアの間では以前から注目されていました。
HIDランプはその仕組からバルブだけを交換しただけでは使えません。HIDキットという装置と取り付けてからHIDバルブを交換しないとHIDランプは使えません。一般的なバルブの交換はすこし知識があれば誰でも出来ますが、HIDバルブの場合、HIDキットを取り付けなければならなかったり、HIDバルブはその仕組みから、傷がつくと中のガスがぬけ出すため、丁寧に扱わなければならないものだったりするので、素人が交換するにはかなり難しいです。もし自分の車のヘッドライトをHIDランプに交換したい場合は、カー用品専門店のようにプロのスタッフがいるところで交換をお願いしましょう。


バルブの種類と役割とは?


バルブというのは、一般には液体や気体が通る配管の途中にあって、その流れの向きや量などを制御している部品のことをいいます。
クルマの世界でも当然ながらバルブは用いられていますが、主にエンジンのなかの主要な部品のいくつかをそのように扱っています。
クルマのエンジンといえば、4サイクルエンジン、または4ストロークエンジンと呼ばれるものが主流となっていますが、このエンジンは4つの過程を延々とくりかえしてクルマを走行させているために、そのような名称があるのです。
まず、空気をシリンダーのなかに吸い込んで、燃料をあわせて吹き付けて混ぜあわせた気体をつくるという「吸入」の過程があります。
次に、ピストンの動きによってシリンダーのなかにある空気と燃料が混ざった気体を圧縮する「圧縮」という過程があります。
さらに点火プラグでその気体に着火して爆発される「燃焼」、爆発したあとの排ガスを出す「排気」という過程が続きます。
そのため、クルマのエンジンには、「吸気」のときにはたらいて、空気や燃料をシリンダーのなかに適切に閉じ込める役割を果たす「吸気バルブ」と、「排気」のときにはたらいて、排ガスをシリンダーから出す「排気バルブ」といった種類があるのです。


サスペンションとバルブの関係について


gf1120110828lご自分のマイカーが良いかどうかを考えた事が、みなさんにはありますでしょうか。このような事を考えるのは、もしかしたら本当の意味でマイカーの事が好きな方なのかも知れません。そうでなければ、このような事は考えないのではないでしょうか。特に毎日を通勤や仕事でマイカーを使わなければならない状況にある方に取っては、マイカーを消耗品の一つとしてしか考えていない方もいらっしゃるからです。使えなくなった、或いは古くなってしまったマイカーは処分して、新しいマイカーを購入するという方向で考えていかれると思います。しかし、マイカーが本当に好きな方はいつまでもその車を大切にし、修繕を重ねながらでも走れるまではずっと同じマイカーに乗り続けるでしょう。そのように、マイカーに対する考え方の違いが色々な所に出てくると言えます。特にマイカーが好きな方に取りましては、サスペンションの性能にもかなり拘りを持っている方が多いと言えます。ただ、この部品も消耗品として考えられているもので、使い続けていればヘタってきます。それは、その中に含まれているバルブの機能が劣ってしまうからです。バルブをオイルが通る時に生まれる抵抗力を利用して、マイカーの重量などを支える役割をしているこの部品も、交換をしていけば走りが蘇ります。023410