交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

安全で正しい給油を心がけよう


人件費を抑えたセルフ式スタンドは、広範囲で普及しているタイプの給油場所ですが、安全を確保する知識が必要です。
ガソリン式の場合は、揮発性の物質に対する引火性が特徴なので、静電気や可燃性の物を遠ざける行動が大切です。
静電気に関していえば、金属部に触れて体内の電気を放出可能ですし、未然に引火を防ぐ事が出来るので、毎回必ず守る必要があります。
スタンドで油断する行動の一つは、煙草に対するライターの存在で、短い空いた時間に問題が発生したり、事故に繋がるリスクが発生します。
ライターを使用する際は、燃料補給が完全に終わった後や、安全性が十分に確保された状況が求められます。
火の危険性を軽視するのは、重大な問題を招いたり、時には命に関わる責任へと発展します。
一人で燃料を入れる場合だけではなく、家族や同乗者と行動を共にする時も、安全の事を常に念頭に置く意識が大切です。
また、ガソリンをタンク以外に保管するなら、リスクを把握し意識する必要性がありますし、最悪を想定する慎重さが重要です。
最もリスクが少ないのは、ガソリンスタンドで燃料をタンクに補充する方式ですし、セルフタイプの利用を行えば、費用の面でもメリットが得られます。


燃料の入れ間違いしないよう確認忘れずに


デフレ不況に長年悩まされてきた日本ですが、ガソリンスタンドでもコスト削減と安さをアピールする目的として、セルフ式ガソリンスタンドが随分と普及しました。
割と簡単に給油できるとあり、安さを追求する人から人気のセルフ式ガソリンスタンドですが、燃料の入れ間違いを起こすケースが割とあります。
よく見かけるケースとして、軽自動車に軽油を入れてしまうパターンです。「軽」という名がついているだけに、つい軽油を給油してしまいがちですが、軽油はディーゼルエンジン車に利用されるもので、基本的に殆どの軽自動車はガソリン車ですから、レギュラーガソリンを入れるのが常識です。
ガソリン車に軽油を入れてしまうと、ノッキングを起こして黒煙が出ます。そのうちにエンストを起こしてしまうという、最悪の結果を招いてしまいます。早めに気づけば、ガソリンタンクから軽油を抜き取ることで対応できますが、2~3万円程度の費用がかかることを覚悟しておいてください。軽油を抜き取っても直らない場合には、さらに費用が増えて、30万円ほどかかることもあります。
このように、車の名称に惑わされず、セルフ式ガソリンスタンドの費用の安さを享受するためにも、入れ間違いを起こさないよう、よく確認しましょう。


静電気に気をつけて給油しよう


ここ数年、ガソリンは高値が続いています。そうでなくても普段通勤、買い物で車を利用していれば馬鹿にならないのがガソリン代です。
そんな中、全国に普及してきたのがセルフ式のガソリンスタンドです。以前はまったく見なかったセルフ式ですが、今ではこちらの方が多いほどになりました。
でも、このセルフ式ガソリンスタンド、人件費が少ない分フルサービスのそれよりは価格が抑えめ、とありがたい限りのサービスですが、実際に給油はしたことがない、そんな人もいるのではないでしょうか。最初は抵抗感があるかと思いますが、意外に簡単です。せっかくですので、手順と注意点を簡単におさらいしてみましょう。
まずはフルサービスのときと同様に、給油口カバーを運転席のレバーで開けます。機械を操作して油種を選んだら、給油口を開けるのですが、その前に、最大の注意点があります。給油機をよく見てもらうと、かならず静電気除去シートなどがあるはずです。給油操作時は火気厳禁。実際に火花が出てしまい、発火して大事故になった例もあるので、きちんと除去してから給油口をあけましょう。
給油口を開けたら、ノズルを取って差し込み、ノズルのレバーを引くだけ。規定量まで行くと自動的に停止するので、継ぎ足しでトリガーを引かないようにしてノズルを戻す、これだけです。
意外と簡単なセルフ式。家計の節約のためにも、一度試してみてはいかがでしょうか。


お得に済ませるなら!セルフ式ガソリンスタンドの利用方法


自分で給油する形のセルフ式ガソリンスタンド。
やってみた事がない方にとってはどうしたら良いのかわからない、店員さんに給油してもらった方が安心、と考える方も多いですが、実は色々な面でメリットがあります。
最初にやり方さえ覚えれば、給油の方法は簡単で自分1人でも十分に出来ます。
1人で給油出来るという事は、給油する量や金額なども自分で決める事が出来るので、自分が入れたい量や財布の中身と相談して今回はこれだけ、という選択も可能になります。
対人のスタンドだとついつい満タンで頼んでしまう所も、気兼ねなく好きな形で給油できるという点は大きなメリットとなります。
また、セルフであれば経営していく上で大きなウェイトを占める人件費を削減出来るので、その分を利用者に還元しやすいという点も挙げられます。
具体的に言うとガソリンの料金など、付随するポイントやサービス面などでも恩恵が受けられるケースもあります。
必要なものだけを自分で選択できるので、トータルで見ると安く済ませられるケースも多くなります。
場所によって給油の仕方、先払い制や後払い制など細かな違いがあるので、サービスの方法を事前に調べたり、最初の1回は店員さんに教えてもらえば、戸惑うこともなく安心です。


停車時のエンジンの操作について


自動車を停車している時にエンジンがかかっている状態をアイドリングと呼びますが、エンジンがかかっているわけですから、走行していなくてもガソリンを消費していきます。長時間のアイドリングを繰り返すことは、燃費の低下につながります。エンジンの始動時にもガソリンを消費しますが、その量は5秒間のアイドリングと同程度と言われています。信号待ちなどの停車時にはアイドリングをしないほうが燃費向上につながりますので、最近の車種にはアイドリングストップ機能が搭載されているものが多くなっています。自動車の性能として燃費向上を図っているわけですが、他にも少し運転方法に気をつけるだけで燃費向上が期待出来ます。一番注意したいのは発進時です。急発進、急ブレーキ操作をしないのは当然ですが、ブレーキを解除してからアクセルをゆっくりと踏んでいくようにしましょう。オートマチック車でしたらブレーキを解除すると自然に動き出しますので、そのまま走行して一呼吸おいてからアクセルを踏むようにします。アクセルを踏む目安としては、踏み込んでから5秒後に走行速度が20キロ程度になるくらいが理想です。前に停車していた車がどんどん進むと付いて行きたくなりますが、我慢してゆっくりと発進しましょう。


減速とエンジンブレーキの使い方


車に乗っている人で、燃費が気になるという人は多いでしょう。
車の燃費を抑えるのに有効な走行手段に、エンジンブレーキがあります。
これはフットブレーキを使ったブレーキではなく、コンピューターの制御によってエンジンは回転状態を維持しつつ、燃料の供給をカットさせるものです。
燃料の供給はカットされますが車自体の慣性によって進み、徐々に減速してきます。このため急停止するといったこともありません。
使用中は燃料が消費されないので、その区間の燃費が向上します。
この機能はアクセルを離してシフトダウンすることで使えます。
またギア比が低いほどブレーキ効果が上がるという特性があるので、道路状況によってギア比を調整することで高い効果を発揮します。
また長い下り坂などでフットブレーキを使用し続けた場合、フェード減少やヴェイパーロック現象が発生し、フットブレーキの機能が低下する可能性があり、それを防ぐのにも有効な機能です。
燃費が向上するのでとても便利な機能ですが、高いブレーキ効果を狙って急なシフトチェンジを行って使用すると、エンジンにダメージを与えてしまう場合があるので注意が必要です。
その場の道路状況に合わせて適切に使うことで、最大限の効果を発揮します。


発進時のアクセルの踏み込み方のポイント


発進時のアクセルの踏み方は、燃費削減の大きなポイントです。穏やかに、ふんわりと踏みようにしましょう。やさしい操作は、安全運転もつながります。ふんわり踏み込みを一般的な、踏み込みと比べてみると一般な踏み込みは、一度強く踏み込み、そのあと、少しづつ踏み込んだ足を徐々に緩めていくそうです。それに対し、ふんわり踏み込みは、いったん間を取り、緩やかに、踏み込んでいきます。車は動き出すときに一番エネルギー―を使います。信号が青になると同時に、クリープ現象を利用して緩やかに発進しましょう。エンジン音も参考にしましょう。その後ふんわり踏み込みで、緩やかに加速して行きます。5秒かけて時速20㎞が目安です。ここで注意が必要なのが、あまりゆっくり過ぎるのもよくないので、適切なタイミングとスピードを心がけましょう。なれるまでは、底の薄いドライビングシューズをつかうのがよいでしょう。常に三台前の車と前の信号をチェックし、停止が予想された段階で、ふんわり踏み込みを外します。時間と気持ちに余裕をもって穏やかに発進しましょう。周囲をよく見る余裕が生まれ、安全運転につながります。またエンジンの回転数が低く抑えられることより、車内も静かになります。


節約にはまず使用量を知ろう!燃費を計る方法


燃料費を節約したい場合は、実際に使っている量を把握したり、走り方による変化を知る事が大切です。
ガソリン単価や安く買えるタイミングも重要ですが、運転の工夫で無駄が減らせますから、価格変動から受ける影響を小さく抑えられます。
毎日車に乗る人は、速度や走りを客観視する為に、メモを付けて観察を行う必要があります。
同じルートを走るなら、毎日の比較は容易に行えますし、燃費の節約効果を早めに発揮出来る可能性を持ちます。
記入する項目は、日付や時間、道路の混雑具合に加え、気持ちの状態に目を向ける事に効果的です。
メーターからは消費量を読み取りますが、一日の終わりにチェックしたり、数時間単位でメモを取る方法が行えます。
日付を記入すると管理し易くなり、時間帯によって混雑状況が分かりますし、心理的な観点から運転に対する影響が把握出来ます。
焦りや気持ちの高ぶりがあると、早く結果を求める状態になるので、ドライバーから余裕が失われたり、スタートや停止を急いで行う状況と考える事が可能です。
実際に消費される燃料は、温度や周囲の環境も関わるので、記録する情報だけが全てはありませんが、意識を含めて客観的な判断が行えますし、無駄を減らすために役立つ記録といえます。
スマートフォンアプリやパソコンの活用を行えば、グラフ化や視覚的な把握は容易ですから、運転中の意識を変えて見たり、節約を進める試行錯誤に役立ちます。


ガソリン代の節約になる運転の裏ワザ


ガソリン代を節約する為には優しい運転を心掛けるのが基本です。
優しい運転をする為に注意すべきポイントですが、まず急発進は厳禁です。止まっている状態から急発進をする事によって大きなエネルギーを消費します。ガソリンの消費量も多くなりますので、発進する際にはクリープ現象によって車が動き出したのを確認し、それに合わせてアクセルを踏むようにした方が良いでしょう。
同様に急加速や急ブレーキも燃費を悪くする要因になりますので、急加速をしないように気を付け、そして急ブレーキをせずに済むように車間を十分に空けて走るようにした方が良いと言えます。
一定速度をキープするのも上手な運転方法です。一定速度で走っている時はガソリンの消耗も少なくなりますので、アクセルを固定できるように練習しておくと良いでしょう。アクセルの踏み加減を維持できない場合、踵が浮いていたりする可能性がありますので、見直してみた方が良いと言えます。
荷物は極力降ろしておくのもポイントです。重量があればあるほど車に負担が掛かりますので、燃費が悪くなるのは必然です。やはり身軽な方が燃費が良くなりますので、使用予定が無い荷物は下ろしておいた方が良いでしょう。


コストを節約するために!安いガソリンスタンドを探そう


ドライブが好きな人にとって、ガソリン代というのは出来るだけ安く抑えたいものですよね。最近では燃費の良い車が増えてはきていますが、せっかくなら少しでも節約してドライブを楽しみたいものです。そこでポイントになるのが「どこでガソリンを入れるか!」ということです。まず、高速道路に乗る直前などにはガソリンスタンドが多く集まっている地域が多いものです。ですから、こういった場所は価格競争などもありお値打ちにガソリンを入れられる傾向にありますので、なるべく高速道路にのる前にガソリンを入れておくようにしましょう。また、高速道路に乗る前にスタンドに寄っておけば、お手洗いなども済ませておけますから一石二鳥ですよね。ドライブに出かけた先でガソリンが少なくなってしまった場合なども注意が必要です。都会や幹線道路沿いなどでは、比較的スタンドも多いのであまり心配はありませんが、田舎に行くほどスタンドの数は減ってしまいます。ですからスタンドが少ない場所では、ガソリン代も高くなってしまいます。また閉店時間も早いお店が多いですから、出来るだけ早め早めにガソリンを入れておくようにしましょう。スタンドを見かけたら「だいたい今の価格はどれくらいか」をチェックしておき「安い!」と感じたら早めに入れると良いですね。gf1120082666l