交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

示談交渉について


物損事故で車の修理費などを、被害者に対して加害者が賠償できない場合は、加害者自らが示談交渉することがあります。示談交渉をスムーズに進めるためには、加害者は相手にきちんと連絡を取るなど誠意ある姿勢を見せることが大切です。示談の相手は被害物の所有者になりますが、必ずしも車に乗っていた人が所有者であるとは限りません。示談相手が正当な権利者であるかを確認しておきます。車両損害であれば修理費の他に休車補償や代車料を請求されます。一方で自動車事故では加害者だけに責任があると決め付けることはできません。加害者にも過失が認められることがあり、過失分を差し引いた金額を賠償すれば良いです。もし相手に過失の可能性があれば、それをしっかりと主張します、示談書は加害者と被害者の住所、氏名、事故内容、それぞれが支払う損害賠償の項目と金額、今後は互いに請求を行わないという約束、署名と捺印が必要です。保険会社を通さないで示談を成立させることは可能ですが、警察への届け出は必須です。報告を怠ると道路交通法違反として3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金に処せられます。自動車保険で等級が上がるのは保険を使った時だけで、警察に報告することでは影響しません。


証拠の保管の仕方


交通事故として自動車などが衝突してしまうことがあります。一般的には警察を呼んで現場検証が実施されることになり、その後に事故証明書が発行されることが一般的です。その後の対応に関しては、それぞれの当事者が加入をしている保険会社に対応を任せることが基本になりますが、事故の内容次第、または相手側次第ではトラブルに発展してしまうこともあり、珍しいことではありません。この不具合を解決する方法として、本人が自ら証拠などを集めて保管を行うことが良い方法です。例えば物損事故の場合では、衝突してしまい破損している車体の場所、周辺に飛散してしまっているパーツ類の状態、車内であっても破損状況などが出てきます。人身事故が絡んでいる場合でも、怪我をしている部位などがあり、それぞれを写真撮影を行って、データとして証拠を保管しておくことも一つの方法です。また、近年ではドライブレコーダーなども普及していますが、装着している方であれば、その映像を保管することも効果的になり、同時に目撃者などが存在している場合では、その証言と共に、目撃者の住所や氏名などを聞き出しておくことも良い方法です。証拠集めはトラブル回避のためにも重要な役割を持っており、裁判に発展するような場面でも役立つことになります。


事故後の対応の流れ


自動車を運転中に交通事故を起こしてしまうこともあり得ます。ドライバー本人が注意しながら運転をしていても、相手側のいる事故の場合では避けることが困難な交通事故もあります。もしも交通事故を起こしてしまった場合では、事故後の対応として警察に連絡を行うことが必要です。怪我をしてしまった方がいる場合では、直ぐに救急車を手配して、病院に搬送することも大切です。場所や事故の状態によっても異なりますが、危険が生じるような場所であれば、速やかに自動車を安全な場所に移動することも良い方法です。警察が来た場合では、その場で現場検証が実施されることになり、双方の話しを聞いた上で事故証明書を発行することが基本です。その後の対応は事故内容で変わることになり、少しでも本人に過失があると判断された場合では、加入をしている自動車保険会社の事故窓口に連絡を行うことが基本です。その上で的確なアドバイスを受けることもでき、自動車を修理することが必要な場合では、修理工場などに持ち込みを行ったり、レッカー移動を行うことも一般的です。相手が存在している事故であれば、お互いに連絡先などを聞いておくことも必要になり、氏名や自宅、電話番号などを教え合うことで、トラブルに発展しない事故後の対応を済ませることができます。


事故現場の状況確認


交通事故はあってはならないものではありますが、現実として発生するのを完全に避けることはできません。不幸にして事故が発生してしまった場合には必ずすぐに警察の立ち会いの下で事故現場の確認をしておくことが重要になります。勿論負傷者がいる場合にはその対応が第一となりますが、現場でどのような事故が生じたのかについてしっかりと確認作業をしておくことはその後の事故処理のためにとても重要なことになります。
ニュースで報道される様な大きな交通事故はあまり多く発生しているわけではなく、両者とも大きなけがの無い程度の事故の発生が非常に多いのが現実です。そのため事故現場で揉めるケースもあるでしょう。現実問題として双方に言い分がありますのでその場で結論が出ることはほぼありません。まずはしっかりと警察の確認作業を待つ必要があります。道路にブレーキ痕が残っている場合などは非常に重要な証拠になりますし、車両の損傷位置なども重要な手掛かりです。警察は通報してから現場に駆け付けるまでに時間を必要とすることが少なくありません。そのためその時間を利用して事故現場をしっかりと確認しておくことも時には重要な作業となります。警察は事故の証明はしてくれますが、過失に関する判断はしませんので注意が必要です。


保険会社への連絡の重要性


自動車を運転していて事故に遭ってしまった場合、まずは現場での安全確保や負傷者の救護といった、緊急的な措置が必要となってきます。こうした処置が一段落した場合には、事故の相手の住所、氏名などを聞き出すとともに、ただちに保険会社に連絡をしておくことが重要となります。通報をする事項としては、当事者の住所、氏名のほか、目撃者がある場合はその連絡先、事故の被害の概要、その他、事故車を修理に出す場合には、自動車修理工場の連絡先などといったことがらになります。保険会社では、通常は当事者双方の過失割合を調整し、損害賠償の金額を見積もるため、相手方との示談交渉サービスを行っていますので、こうした情報があれば、現場や工場における事故調査や、その後の示談交渉にとっての参考となります。また、そもそも事故があった場合には、その内容の大きさにかかわりなく、保険会社に通報しなければならないということが、保険約款などで決められているはずです。特に、人身事故のような場合には、事故発生後60日以内に報告がなければ、保険金が支払われないこともあるといった規定になっているのが一般的です。そうした意味でも、忘れずに保険会社への通報をすることが重要であるといえるのです。


相手に必ず確認しておきたいこと


自動車に乗っていると、時にはアクシデントに遭遇してしまうことがあります。万が一の交通事故などを起こしてしまった場合では、加害者であっても被害者であっても、必ず相手側と確認しておきたい項目があります。まずは基本的な内容として、正しい氏名をお互いに確認し合うことが必要です。さらに、連絡先として自宅の住所や電話番号、できれば勤務先などを把握しておくと安心して処理を進めることができます。自動車の登録番号なども非常に大切です。一般的には警察を入れて事故の処理を行う場面では、警察側でも把握をしている内容になり、事故証明書にも記載される項目があります。しかし、保険会社を通じて後の処理を行う場面では、相手側の実態として不可思議な点が出てきてしまうというケースもあります。例えば無保険車や住所不定、仕事をしていない方であれば、その後に連絡をすることができなくなってしまうこともあり得るので、できるだけ詳細事項を聞き出して、お互いに安心できる環境を用意する方法で、問題をクリアさせることもできます。交通事故の場合では示談などを行う方も存在していますが、それでも警察に連絡をして事故の検分などを行ってもらう方法で、より一層安心できます。


警察への連絡は必ず


もし車で事故を起こした、もしくは事故の被害に遭った場合は、たとえどれだけ小さな事故であっても、必ず警察に連絡するようにしいましょう。
そして、事故証明をしっかりとやってもらい、後で問題が起きた時に備え、事故の証明書を発行してもらうようにしましょう。
凄く小さく思える事故でも、後になって実は想定したよりも大きな被害だったことが分かるケースもあるのです。
例えば、ほんの少し車を擦られただけなら、何の問題もないように思えます。
相手も誠心誠意謝っており、こちらも急ぎの用事があることで、警察には連絡をせずにそこでカタをつけてしまったとします。
しかし、数日後に車の調子がおかしく点検してみると、実はあの時に車を擦られた時に、故障した部分があることが分かったとします。
そうなれば、やはり損害賠償を請求したいところですが、事故を起きた時に警察を呼ばなかったことで、事故証明をすることができず、結局自分で修理費用を出さないといけなくなってしまうのです。
そうならないようにするためにも、些細な事故や全く影響がないように思える事故でも、警察への連絡は欠かさないようにして、事故証明ができるように万全を期すようにしましょう。


救急車の手配の仕方


車を運転する際には 、安全運転に心がける必要があります。しかし、どんなに経験豊かなドライバーであっても、交通事故を起こしてしまう危険があります。こちらは青信号で走行をしても、子供が急に飛び出してきてしまい、子供をはねてしまうこともあります。では、もし交通事故を起こして自分が加害者となってしまった場合には、どうすればいいでしょうか。まずは、冷静になって負傷者の確認を行いましょう。血が出ていたりぐったりしているなら、迷わずすぐに救急車を手配しましょう。 救急車に連絡する際には事故状況、負傷者の数、怪我の状況などを説明しましょう。救急隊の方から、 救急車がするまでに行える応急処置を言われる場合がありますので、その際には落ち着いて救急隊の指示に従いましょう。もし自分ではパニックになって行えない場合には、大声で周りの人に助けを呼び求めましょう。しかし事故を起こしてしまったものの、見た感じかすり傷程度の軽い怪我であるならどうでしょうか。救急車を呼ぶほどがないかもしれませんが、しかし油断は禁物です。もしかすると頭を強く打って内出血を起こしている危険もありますので必ずレントゲンなどをとってもらうようにしましょう。 


現場で注意したいこと


交通事故にあったら、保険会社に連絡するのはもちろんですが、他に現場での注意点はどのようなことがあるでしょうか。
まずは警察に通報して届け出ることが必要です。通常は加害者側に通報の義務がありますが、基本軽微な事故であっても、警察への連絡は必要になります。その場ではあまり問題視しなくても、後ほど体調に異変が出てきたり、故障が見つかったりする場合があります。しかし日が経ってからの通報だと、事故証明書の発行が出来なくなる可能性があります。これは加害者側も同様になります。その場では大丈夫と言っても、後日保険会社を通さずに医療費等請求される場合があります。
次に、警察のその後の事故現場調査のため、なるべく現場の保全がすることが必要です。事故の場所によっては、状況確認をして、車を邪魔にならない場所に動かします。できれば動かす前に事故時の車の位置をカメラで撮影しておきましょう。撮影は、携帯電話でも構いません。
そして加害者側への対応としては、名前を聞いて、車のナンバーを控えておきます。運転免許証をみせてもらい、住所や生年月日も控えておくとよいでしょう。名刺を貰えば、勤務先の確認もできます。また自宅や携帯電話の番号も聞いておきます。


事故の被害者になったらどうする?


自分は交通法規をきちんと守って安全運転に心がけていたとしても、粗暴な運転や居眠り運転をする車によって事故の被害者になってしまう場合があります。では、もし自分が交通事故の被害者になったらどうすればよいでしょうか。まずは、事故が起きたなら安全なところに車を移動しましょう。しかし、車の損傷が激しい場合や自分で車を動かすことができない場合には、無理しないようにしましょう。周りに助けを呼び求めましょう。そしてすぐに警察に連絡して警察を呼びましょう。怪我をしている場合には同時に救急車も呼んでもらうようにしましょう。あまり大きな怪我をしていないと思っていても、交通事故の怪我は後になってから痛み出すという場合がありますので、受診してレントゲンを撮ってもらいましょう。事故に関わる費用を加害者から確実に受けとるためには、必ず保険会社に連絡をするようにしましょう。事故を起こした相手が、修理費用や治療費用を全て自己負担すると言ってきた場合でも、保険会社を通して保障してもらうようにしましょう。自分たちだけで話し合うなら、話がややこしくなってしまいますし、保障や慰謝料さらには休業手当等なることができないからです。gf0110094133l