交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

交通ルール違反への罰則について


交通ルールに違反をすれば、当然ですが罰則を受けることになります。
内容によっては一発で免許停止になることもありますし、もちろん軽い違反でもそれが積み重なれば、同じような処分を受けてしまいます。
日頃から車を運転する人はもちろん、まして車の運転を職業としている人からすれば、免許停止は致命的とも言えるわけです。
ただ、当然ですが違反をしなれば罰則を受けることもないので、ルールを守って運転をすればいいのです。
もっとも、中には違反だということを知らない人もたくさんいるようです。
例えば、法定速度を超えて走ったり、駐車禁止の場所で車を停めたりするのは、誰でもダメだということは分かるでしょう。
ただ、例えば高速道路の右側は追い越し車線になっており、追い越し以外でそこを走ってはいけないことは、知らない人も結構いるかもしれません。
このように、自分ではルールを守っているつもりでも、実は知らないうちに違反行為をしているというケースも、意外と少なくないのです。
そのため、間違いやすいルールや、勘違いしやすいような規則を、今一度しっかりと確認することも大事なのです。
特に、毎日のように車を乗る人は、なおさら入念にチェックしておくようにしましょう。


違反運転をなくすことが安全運転への近道です


普段から安全運転を気にかけて車を運転している、という方は意外と多いものです。
一方で気づかない内に違反運転をしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
バレなければいいというわけではなく、日頃から安全な運転をするように心がける必要が私たち運転者にはあるのです。
また、あまり運転をしないようなドライバーの場合には、特に注意が必要なのはいうまでもありません。
なぜかというと、運転の仕方を忘れてしまったり、交通規則に注意を配ることを自然に怠ってしまいがちだからです。
このように人によって色々な運転パターンがありますので、その人に合わせて気をつけるタイミングも異なります。
必ず運転する前には基本的な動作をしっかりと守り、譲り合いの気持ちも同時に持って、決して無理のない運転をするようにしましょう。
このように口でいうのは簡単ですが実際に守るとなるとなかなか大変、という場合でも、日常的に繰り返していくうちに安全な運転が習慣になっていきます。
自分の運転能力を過信せず、交通状況には常に気をはりつづけることが、優良ドライバー育成へもつながるのです。
車を運転するドライバーの方は今日からでも違反運転を起こさないように気をつけてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 


交通マナーを守ることが安全な運転に繋がります


運転していると、1秒でも早く目的地に着きたい、早く帰りたいと思ってしまう時がたびたびあります。そう思っているときは、前の車が制限速度で運転していたり、道を譲ったりしてるのを見て、とても腹立たしい気持ちになってしまうものです。しかしながら、前の車は交通マナーを守っているに過ぎず、何も悪いことはしていないのです。同時に、こうした交通マナーを遵守する気持ちが事故を防ぎ、気が焦っていると予期せぬ事故を招いてしまいます。

交通マナーを守るといっても、特別に難しいことではありません。信号はきっちり守る、無用な幅寄せはしない、遅いからといって前の車を煽らない、横断歩道で歩行者を優先させるといった配慮をしていればそれでいいのです。焦っていると、そうしたことができず、事故を引き起こしてしまいます。ちょっとした配慮、気遣いができていれば事故は防げるし、安全運転につながります。

それでも人間ですからちょっとした気の緩み、疲れなどで予期せぬ事故を引き起こしたり、巻き込まれたりしてしまいます。大事なことは自分がそういった事故を起こさないことです。大事な人、上司を車に乗せているときは細心の注意を払うものです。そうした気持ちを普段の運転からしていれば無用な事故は防げるでしょう。


高速道路走行中に守りたいこととは


自動車事故と言うのは、ありとあらゆる場所で起きている怖いものですが、どこを走るかによって、気を付けるポイントと言うのも変わってくるものです。
例えば、高速道路と言うのは、かなりスピードを出す場所ですから、そういった状況ならではの自己が起きやすいものです。みんながスピードを出していますから、何かトラブルがあって急停止した時に、後ろを走っている車がすぐにとまれず、玉突き事故を起こしてしまう恐れがあります。
危険を察知してからブレーキを踏み、実際にとまるまでの時間と言うのは結構かかるもので、事故が発生しやすいものです。
ですから、高速道路を走る時には、車間距離に十分注意する必要があります。高速道路を走っている車の中には、一般道を走っているかのような車間の詰め方をするドライバーがいますが、そこまで詰めたところで、はっきり言って意味はありません。むしろ、危険度が増しますから、絶対にそういった運転をするべきではありません。
周りの人がそういった走り方をしていると、つい自分も合わせてそういった走り方をしてしまうものですが、周りは周り、自分は自分です。
単純な判断で生命に関わる危険を冒すようなことは、完全に無駄な行為です。


子供・高齢者を事故から守るという意識を持とう


交通事故による被害で怪我をしたり、ひどいときには命を落とすといった事件は後を絶ちません。特に、子供や高齢者は被害になりやすいといえます。そのため、幼い子供を持つ家庭は、子供が無事に学校からちゃんと帰ってくるか不安を覚えるものです。では、自分の幼い子供や高齢の親を守るためにはどうすればいいでしょうか。それは、家できちんと予測しそうなことについて話しておき、そして回避する方法を伝えておくことです。例えば、わが子には通学路のどの道が一番安全かを話しておきましょう。そして、子供と一緒にその道を歩いてみましょう。道路を横断するときには必ず信号機を守ること、また信号機が青になっても必ず右左の確認をすることをおしえましょう。そして歩道がある場合には必ず歩道を歩くことも教えましょう。もちろん、これは高齢の親に対しても同じことを伝えることができるでしょう。また、高齢者は走ることができませんから、信号機が黄色になったときには渡らないようにも伝えましょう。踏切を渡る場合も同様です。遮断機の音が聞こえたなら絶対に踏切を渡らないようにもしっかりと伝えておきましょう。こうしたことを未然に伝えておくのは大切でしょう。


走行中の自転車には注意しましょう


車を運転していてひやっとした経験は誰にでもあるでしょう。一歩間違えたら大事故につながっていたかもしれません。一度ハンドルを握ったら、そこに大きな責任を背負うことになると言うことを忘れてしまっている人も多いものです。しかし交通事故を起こしてしまったら、自分だけの問題ではありません。そこには相手の家族や自分の家族さえも巻き込んでしまうことになるのです。特に注意が必要なのは自転車です。自転車に乗るためには免許は必要ありません。誰でも乗れさえすれば公道を走ることが許されます。しかし、自転車に乗っている人は意外と交通ルールを知らない人が多いのです。子どもであればなおのことです。例えば、道路を走行中にいきなり目の前を自転車が横断していったことはないでしょうか。また、さいきんはイヤホンで音楽を聴きながらとかスマートフォンを操作しながらといった危険な乗り方をしている人もいます。走行中に事故に巻き込まないために注意することは、自転車に乗っている人を見かけたら、常に「飛び出してくるかもしれない。」と思うことが大事です。またそばを走行するときはできるだけスピードを落とし、接触しないように気をつけることも大事でしょう。


二輪車を運転する時に守りたいこととは


二輪車にはどの様な場合でも転倒のリスクもつきまといますし、万が一の事故の際には想像以上のダメージを負う事も少なくはありません。事故というものは自分だけが気を付けていたとしても相手のある事ですので防ぎきる事は出来ないのです。ですので二輪車を運転する場合はライトの常時点灯とヘルメットの正しい着用というのが大事な事で、それは事故の予防と万が一の事故の際にダメージを最小化する為に必ず守りたいことです。二輪車が巻き込まれる事故の大半は相手に認識されていない為に起こります。ライトの常時点灯は相手に認識してもらう為には有効で、思った以上に事故の軽減につながります。それでも事故に巻き込まれた場合はヘルメットが命綱です。ですが衝撃でヘルメットが脱げてしまえば何の意味も無いのであご紐をしっかりと付けなければならないのはもちろん、ヘルメットの形状も半キャップなどはヘルメットをしていないのと大差ありませんので最低でもジェットヘル、出来ればフルフェイスヘルメットの着用が望ましいです。最低でもこのライトの常時点灯としっかりとしたヘルメットの着用を守れば事故の確率とそれによるダメージは減らせますので、この2点は常に守りたいものです。


自動車を運転する時に守りたいこととは


自動車を運転する時に守ることと言えば交通ルールで、これは当たり前のことですが、より安全な移動を心がけるためには、ただルールを守るだけでは不十分です。何の世界でも同じですが、法律に違反していないからと言って、人に迷惑をかけていないと限りませんし、安全であるとも限りません。
例えば、自動車の場合には、停止線で一時停止する必要がありますが、止まらないのは論外ですが、止まるとしてもスピードを落とさず直前で止まったりしては、歩行者がビックリしてしまいます。
歩行者は停止線を一つの安全ラインとして捉えて歩行しているものですが、車のスピードが出ていると、きちんと止まらないのではないかと不安になってしまうものです。
ちなみに、言うまでもありませんが、止まるのは停止線上で歩行者の直前ではありません。ドライバーの中には、停止線の存在を完全に忘れているような人がいますが、停止線へ意識を向けておくことで、歩行者との距離に余裕を持って停止することができますから、事故防止につながります。
また、それだけでなく、停止線できちんと止まっておけば、前方から大型の車が進行してきた時に無理なく通行することができます。
このように、停止線にはきちんとした役割、意味があるため、自分勝手な行動は慎むべきです。


自動車事故の予防は意識をするところから!


1年間に発生する自動車の交通事故件数は、約60万件あります。そのうち、死亡者数は約4千人、重症が約4万人となっています。クルマを運転している以上、誰でも交通事故を起こす可能性があります。だから、自分の運転を過信することなく安全運転を心がけ、また常に事故が起きる危険性を意識しながらクルマを運転をすることが、事故予防にもつながり大切です。

運転中には、どうしても死角になってしまう場所があります。そのために、安全運転において大切なことは、常に周りを意識して、危険を予測しながら走ることです。たとえば、停車中のクルマの陰から人が飛び出してくることがあります。また、交差点で曲がるろうと思ったら、自転車がスピードを上げて横切ってきてひやっとすることもあることでしょう。とっさにブレーキを踏んでも間に合わないことも少なくありません。これを防ぐためには、制限速度を守ることもちろんのこと、人や自転車がいないかしっかり確認することが大切で、逆に意識が散漫になっていると、気付くのが遅れてしまい危険です。レーシングドライバーと一般のドライバーを比べると、レーシングドライバーの場合、視線が一度に複数の個所を、ぱっぱっと素早く見ているのだそうです。つまり、常に周りの注意して運転していることがわかりますね。


交通安全に気をつけて運転をしましょう


gf0110053994l初心者ドライバーであっても、熟練のタクシードライバー、バスのドライバーなどどんな人であっても交通安全に務めることは、道路を車で走行する人間全てに共通する義務です。もちろん、それだけ徹底しても事故に巻き込まれることはありますが、その確率は限りなく低くなります。ペーパードライバーや初心者ドライバーは道路で車を走らせることについて怖さを感じていますが、こうした怖さがあるうちは初心で走行することができますが、慣れてくるとこうした怖さがどんどんなくなっていきます。

事故を起こしてしまう人の多くは、いわゆる「だろう運転」や、ちょっと目を離しても少しなら大丈夫といった慢心などで起こります。都合よく自分にいいように解釈することは車を走らせる時には絶対に避けなければなりません。交通弱者と呼ばれる自転車や歩行者は、自由に道路を横断したり、車道に出てきます。そういった人たちを守るのもドライバーの義務です。交通安全を心から願うこと、それが交通事故を防ぐ一番の要因になりますが、残念ながらこうした徹底はなされていません。

交通安全が身についている人は、心に余裕がある人とされています。スピードを出さない、同乗させている人に気配りができるなど、真心をこめて車を走らせています。1人でも多く、こうした人が増えていけば事故はおのずと減っていくでしょう。