交通違反と点数

交通違反と点数についてみてみようか

見逃さないで!走行中・駐車時の違和感


車は非常に多くの部品から構成されいます。そのうちのどれかひとつにでも異変が生じると、安全に走行させることに支障が発生します。ですから、走行中や駐車時に違和感をとらえた場合には、速やかに修理に出すことが必要です。走行中や駐車時に抱く違和感としては、まず音が挙げられます。たとえば走行中にやたらと大きな音がする場合は、タイヤやエンジン系統に問題が生じている可能性が考えられます。特にタイヤのパンクは、そのまま走り続けると大変危険です。耳慣れない音を聞いた場合は、一度停めてタイヤの状態に異変がないかどうか確認してください。知らない内に、何かを巻き込んでしまっていたと言う場合もあります。また狭い場所に駐車する際には、盛んにハンドルを切る必要があります。その際、ハンドルを切るたびに音がすると言う場合も、パワーステアリングまわりの異変が考えられますから、早めに点検をしてもらった方が安心です。それから臭いも、走行中や駐車の際に抱きやすい異変のひとつです。明らかに異臭がしてきたと言う場合、可能であれば速やかに走行を中断するのが賢明です。たとえばガソリン臭の場合は、ガソリンタンクや燃料パイプの損傷などが可能性としては考えられます。何かが焼け焦げたような臭いの場合は、タイヤの空気圧の異常やエンジンから駆動力を伝えるゴムの焼けが考えられます。その他、ツンと鼻をつくような臭い、排気ガスの臭いなどがありますが、いずれの場合も部品の故障が考えられ、そのままの走行は大変危険です。


必須です!応急タイヤ


タイヤそのものの品質や道路環境の進歩によって、タイヤがパンクすることは少なくはなってきています。しかしそれでも、たとえば縁石の角にタイヤをぶつけてしまいパンクしてしまったと言うようなケースは割と多くあるケースです。タイヤがパンクしてしまった際には、非常に焦ります。しかし、自動車にはこうした事態に備えた予備のタイヤ、いわゆる応急タイヤが搭載されています。ただし中古の場合で、前の利用者が応急タイヤを使用していた場合には、搭載されていないこともあります。ですから、その応急タイヤとパンクしたタイヤを交換することで、当座をしのぐことはできます。パンク交換を自分でできる方は安全を確保したうえで行い、自分で行うのが無理と言う方は、ロードサービスや近場のガソリンスタンドやカーショップに頼んでみると良いです。応急タイヤの中には、普通のタイヤと変わらない、一定の距離を一定の速度で走ることができるランフラットタイヤが搭載されていることもあります。しかしこれを除いたほとんどの応急タイヤは、通常のタイヤよりもタイヤ幅が小さく接地面積の狭いテンパータイヤと呼ばれるものです。これは、あくまでも応急用のために開発されたタイヤであり、普通のタイヤのように使用することは想定されていません。ですから、このタイヤに交換した後は速やかに、通常のタイヤに履き替えることが求められます。


残り溝・傷・偏摩耗のチェックポイント


自動車のタイヤは、適正な使い方をする事で初めて機能が発揮できる部品で、残り溝や傷・偏摩耗などの日常的な点検が必要です。
残り溝のチェックは、スリップサインを確認し、周囲の溝と同じ高さになっていたらタイヤの使用限界となります。
スリップサインは、タイヤ側面に三角マークがあり、その延長上の路面に接する面の溝にあり、溝の深さが1.6mm以下の場合は法令違反となりますので注意が必要です。
また、浅い溝のタイヤは、排水機能の低下やブレーキ機能の低下、グリップ力の低下などの現象が起こり、摩耗しすぎるとパンクに至る事があります。
スタッドレスタイヤの場合は、残り溝の深さが新品時の50%以下になると、性能が低下します。
タイヤの残り溝がどれくらいあるか確認する方法は、タイヤデプスゲージ などで測定すると正確な値が分かります。
傷や偏摩耗チェックは、タイヤ全体を見て目視で異常の有無を確認し、同時に経年劣化によるゴム割れや、溝に石など挟み込んでいないかなどのチェックを行います。
タイヤに傷や偏摩耗があると、高負荷がかかった時に異常のある部分からパンクやバーストなどのトラブルの原因となり、傷はタイヤ内部層に及んでいるものは、進行が早くなりますので注意が必要です。


空気圧のチェックポイント


自動車のタイヤは、重量を支えながら駆動力や制動能力を路面に伝え、操縦性能や安定性能を維持しながら路面の衝撃などを緩和する役割を果たしています。
タイヤの性能を発揮するには、空気圧のチェックがあり、不足している場合は、タイヤ各部の動きが大きくなるので異常発熱あり、剥離やコード切れ、タイヤ両肩部の異常摩耗などの現象が起こり、多い場合タイヤは異常な緊張状態になり、緩衝能力が低下して衝撃傷や切り傷を受けやすくなり、タイヤ中央部の異常摩耗が発生します。
これらの現象が起こると事故の原因になったりすので、常日頃からの点検が必要になります。
点検方法は、走行後のタイヤの状態は発熱して空気圧が高くなる傾向にあるので、タイヤが冷えている状態の時にメーカー指定の空気圧に調整するようにし、メーカー指定の空気圧の確認方法は、運転席のドア開口部付近にラベルなどで貼り付けてありますので事前に確認しておきます。
次に、タイヤのバルブのキャップを外すと空気の注入口があるので、エアーゲージを押し当てると空気圧が確認できます。
空気が不足している場合は補充し、多い場合は空気を抜くのですが、コンプレッサーを持っていない場合は、ガソリンスタンドやカー用品店などにあります。


タイヤトラブルを予防!チェックポイント5つ


クルマを安全かつ快適に運転するために、まず基本となるのはタイヤです。タイヤ一つでクルマの乗り心地や走りの性能は大きく変わります。また、きちんとチェックしていなかったためにタイヤトラブルを起こすと、大きな事故の元にもなりかねません。そのために意識的にタイヤをチェックしていることが大切です。

タイヤのチェックポイントとして最も重要なのは空気圧です。まず誰でもできるチェック方法は遠くからタイヤの形を見ます。空気が少ないタイヤは見た目でもすぐにわかります。逆に空気を入れすぎるときれいな円を描いています。二つ目に適正な空気圧はクルマごとに定められていおり、通常運転席をドアを開けると、内側にシールで貼られていますのでわかります。それを見てガソリンスタンドで空気入れを使って空気圧をチェックします。自分でも簡単にできますが、分からなければスタンドの店員にやってもらうと良いでしょう。

三つ目に、タイヤの溝の残りをチェックします。溝が少ないと水はけが悪くなり、雨天時にスリップの原因となります。サインの山を見れば溝が必要なだけ残っているかどうかわかります。四つ目にキズやヒビをチェックしましょう。バーストの原因になります。最後にスタッドレスタイヤなどは硬さも要チェックです。硬くなると、スリップして危険です。溝が残っていても交換する必要があります。


いざとなったら自分で!タイヤの交換方法


タイヤというのは何かのはずみでパンクをしてしまうことがありますから、いざとなったときには自力で交換をすることが出来るようにしておくと安心です。
雪国などに住んでいる人の場合には、冬のシーズン前に自ら交換をする人も多く慣れている人も少なくありませんが、それ以外の地域では人任せにして自力でやったことはないという人も多いものです。

そこで、タイヤの交換の手順ですがまずは広くて足場がしっかりとしている、安全な場所を探しそこで作業を開始します。
この際、サイドブレーキなどを掛けて作業中に動き出さないように注意をしておきましょう。
交換する以外の場所のタイヤに輪留めなどをしておくと、安全性は更に高まります。

作業はジャッキアップポイントと呼ばれるところがあるので、そこにジャッキを設置して持ち上げる準備をします。
最初に持ち上げてしまうと、ナットが外れなくなってしまうので軽く固定する程度にして、次にタイヤのナットを緩めるようにしましょう。
緩んだ後はジャッキアップをして、タイヤを外しそこの換えのものを設置してナットを締めるだけです。
ナットは対角線上にしめると、しっかりしめることができます。
また作業中取り外したものは、車の下においておくとジャッキが外れたときに馬代わりになります。


トラブル|スタンディングウェーブ現象


スタンディングウェーブ現象とはタイヤが変形して波打つことで、高速走行する時に起こりやすいです。タイヤには常に重量分の負荷がかかっており、少し潰れていますが、高速走行によって潰れた部分か後方に広がると、元の形状に戻ろうとしてグニャグニャになります。タイヤの接地面には影響がほとんどないので、運転手が気づかないケースが多いです。スタンディングウェーブ現象は放置すると、タイヤが熱を持ちやすくなります。全体が波打ったタイヤの状態で走れば、タイヤを揉み続けることと同じなので、タイヤが加熱されるためです。よってバーストの危険性を高め、バーストしなくてもはく離を起こすので対策が必要です。スタンディングウェーブ現象を予防するためには、タイヤの空気を常に管理することが重要です。特に高速道路を走る時は、空気圧を規定値よりも少し高めに入れるなどチェックします。このトラブルがトラックに多いのは、過積載をするためです。過積載は禁止されているので、トラックの運転手は荷主に頼まれても断るようにします。さらにスピードの出しすぎに注意します。走行中にスタンディングウェーブ現象の発生に気づいたら、速度を落として空気圧をチェックします。


車あるある|タイヤトラブル【高速道路と一般道路】の違い


常に地面に接地していて推進力を掌るタイヤは、比較的に重心がかかる部分でトラブルになりやすい箇所の一つです。なかでもタイヤトラブルの中で一番多い症状は、パンクです。

パンクとはタイヤの空気が抜けていくことで、正常に空気が抜ければタイヤの空気圧力が無い状態で走行するのでうまく進行できない状態となります。パンクの種類にはゆっくり空気が抜けていく場合とタイヤが破裂するというバーストの場合の2種類があります。

スローで空気が抜けていく症状は、道路上の釘・ガラスを踏んでなる場合や縁石に乗り上げたといった場合でなることが多いです。バーストは主に高速道路を走行するといったタイヤが高速回転で回転したケースで起こる事が多いです。

つまり前者は一般道路で、後者は高速道路での主なタイヤトラブルとなります。高速道路で起こりやすいバーストは、スタンディングウェーブ現象により起こります。ちなみにスタンディングウェーブ現象とは高速連続走行の場合、タイヤの負荷がかかった状態で空気圧が無い状態で走行するので、タイヤが変形して走行することとなり、それに発熱が加わることで破裂を引き起こす現象です。

これは低速走行である街場の一般道路ではほとんど起こらないタイヤトラブルです。スローでパンクした場合はガソリンスタンドなどで対応することが可能ですが、バーストした場合はタイヤ自体を交換する必要があります。

 


パンク意外にも!タイヤトラブルの種類


タイヤトラブルと言えばパンクが代表的ですが、それ以外の種類もあるのです。
突然タイヤが破裂するバーストも起こり得るトラブルですが、バーストの原因はいくつかあります。
まずゴムの劣化ですが、ゴムが劣化してヒビが入っていたりすると、そこへ大きな負担が掛かるようになりますので、走行中に破裂してしまうようなことがあります。
エア不足も原因のひとつです。特に空気圧が低い場合ですとスタンディングウェーブ現象が発生する可能性が高くなります。これはタイヤの空気圧が適切に入っていないことによって変形を発生させ、それによって発生する症状です。ゴムが揉まれているような状態になりますので、突然破裂してしまうことがあるのです。特に速度が速くなる高速道路で発生し易く、高速に乗る際にはタイヤの空気圧を高めにするのが予防法のひとつです。
タイヤトラブルとして車体からホイールが外れてしまうこともあります。本来ならナットでしっかりと装着されている状態ですが、しかしナットの締め付けが適切でない場合ですと走行中に外れてしまうようなケースもあるのです。
こうしたトラブルを未然に防ぐ為には普段からタイヤの状態をしっかりと確認することが大切であり、異常が確認できた場合では速やかに対策をするようにしましょう。


車あるある!起こしやすいタイヤのトラブル


023410運転中に発生する可能性があるタイヤトラブルとしてパンクが挙げられます。
パンクが起こる原因ですが、例えば異物を踏んだ時です。クギやガラス片などの異物を踏んでしまうとそこから徐々に空気が抜けてしまい、やがてパンクしてしまいます。現代のタイヤはすぐにパンクをしないようになっていますので気付かないこともありますが、後で困らない為にも定期的にタイヤの状態を確認した方が良いと言えます。
バーストも起こり得るトラブルです。例えば縁石などにタイヤの側面を擦ったり、タイヤが硬化してくることによってヒビなどのダメージを発生させてしまうことがありますが、ダメージ箇所に大きな負担が掛かってバーストすることがあります。
パンクと違ってバーストは一気に空気が抜けて破裂してしまいますので、突然ハンドルが制御し難くなり大きな事故に繋がるようなこともあるのです。
ナットが緩むことによってホイールが取れてしまうようなトラブルもあります。特にタイヤ交換をした後は注意が必要です。しっかりと締め付けられていない場合、外れてしまう恐れがありますので、交換後しばらく走行したらナットをチェックして緩みがあるのなら締め直すようにした方が安心と言えます。